レンタル倉庫を利用する【ガッツリ入るレンタル倉庫】

不動産屋

倉庫を大きく持ちたい

これまでの物流倉庫とは

倉庫

物流倉庫と言えば、輸送の対象となる商品、品物と言ったものを一時的に保管すると言うことが一般的だと思います。主に工業地帯の中にあったり、港にも多く 物流倉庫はあります。大手輸送会社では自前で倉庫を所有して、倉庫に大きく 企業名が書かれてあるのを見たことがある人は多いと思います。 当然そう言った倉庫には頻繁に輸送用トラックが出入りして、品物や商品の 出入りが繰り返されており、そこには倉庫内での運搬担当、商品や品物の 管理担当、データ入力や伝票の出力の事務担当など多くの人が働いています。 倉庫は一般的には単独で建っていることは少なく、複数の倉庫群を形成して、 その倉庫群を行き交うことでより効率的な物流を実現しています。

今後の新たな使われ方の可能性

近年では物流倉庫の使われ方にも変化が出てきています。俗に言う代行業者と 言う存在です。企業のある業務を一部アウトソーシングしてもらう業者です。 今の企業では、商品や品物を在庫するスペースがない、もしくは少ない企業が 多く、在庫管理や発送業務を委託するケースが増えています。 発送にかかわるものを保管するので、物流倉庫の役割は十分果たしていますが、 アウトソーシングされた企業の在庫を専用で保管するスペースの確保と 言うことも行われています。 委託する側は、在庫管理、発送業務のプロに委ねることの安心感、 委託される側は、新たなビジネスモデルの構築と言う部分で相乗効果を もたらしています。 輸送用の商品、品物の保管に使われることが多かった物流倉庫ですが、 今後は新たなビジネスモデルの拠点となりそうです。